ITツール選定効率化への想い

増え続ける最新ツールは情報のキャッチアップだけでも一苦労

マーケティング、HR、バックオフィス、EC、コンテンツ制作など、企業の業務を効率化するツールは日々新しく生まれバージョンアップしています。パッケージでソフトウェアを購入していた時代よりも、インストール不要のクラウド型・ブラウザ起動のツールが増え、AIや機械学習の力も加わったことで法人のさまざまなタスクを手助けするツールが登場しています。

加速するこれらのITツールは、カオスマップを眺めたり展示会で情報収集をするだけでも膨大な時間がかかります。通常業務の対応工数を確保したい、けれど、業務効率化のためのツールやソリューションの情報はキャッチアップしておきたい。そんな板挟みを経験している現場担当者の方も多いのではないでしょうか。実際、私もその1人でした。

ツール選定担当者の負担・不要な営業対応を減らしたい

カオスマップや展示会・セミナーなどで感触の良いツールを見つけることができたとしても、料金体系が開示されていなかったり、無料トライアルをするために会員登録やヒアリングの打ち合わせが不可避ということもあります。また、一度見送ったツールの営業電話やメルマガが頻繁に来るようになり、本来の業務に支障が出ることもあります。これでは本末転倒です。

競合他社・同業種の導入ツールを可視化して、導入障壁を下げる

会員登録や打ち合わせ、無料トライアルを経て効果を実感したツールであっても、導入の障壁となったのが上長の承認です。決して高額な費用ではないのに予算・稟議が下りず、ツール導入後の費用対効果やシミュレーションなど社内プレゼンのための資料作成に時間を割かねばならず、結果的にツールも導入できなかったというパターンは悲劇です。

しかし本当に悲劇なのは、同業種や競合他社が活用しているソリューションを自社だけが活用できていない、その状況を把握できていないことではないかと思います。そこで、登録不要・無料で導入企業からツールの活用事例を逆引きしたいと考えたのがジレイアです。

あなたが無駄な手作業やタスクに苦しめられないように、会社の予算が下りずやむを得ずポケットマネーでツールを使用することがないように、不要な営業対応で疲弊することがないように、私たちは邁進します。

JIREIA委員会

導入グループ企業からITツールを探す

グループ企業の導入事例から、活用されているITツール・ソリューションを紹介しています。